ひとみです!わーい
今日はv6プラスについて説明しますね。

ドコモのv6プラスって何?

v6プラスっていうのは新しいしくみでようはインターネットが速くなります。
そしたらv6プラスをだれでも使いたいと思いますよね?
でもv6を採用しているプロバイダと採用してないプロバイダがあります。
だからできればv6プラスを使っているプロバイダと契約した方がいいってことになりますね。
ドコモ光でもv6プラスを使っているプロバイダとv6プラスを使ってないプロバイダが当然あります。

例えば・・・

  • GMOとくとくBB
  • so-net
  • BIGLOBE
  • nifty
  • ドコモNET

とかはv6プラスを採用しているので速いスピードが期待できますね。

逆にv6プラスを使ってないとそこまで速度がきたいできないということになります。
でもv6プラスに似たようなのでipv6っていう言葉は聞いたことがないですか?
ipv6対応とかよくホームページで記載されています。
でもipv6とv6プラスは厳密には違いipv6だけでは一部のページしか速い速度でページが見れません。

v6プラスとipv6の違いは何?

ではv6プラスとipv6の違いはなんなんでしょうか?
ipv6を説明する前にipv4というのを説明しないといけませんね。
ipv4というかipv4サイトといった方がいいかもしれませんね。
ipv4サイトというのは従来のサイトです。
従来のサイトというよりもほとんどのサイトがまだipv4サイトなんですね。
例えばyahooとかも。
で、ipv6サイトというのはまだ限られたサイトしかなくて、googleとかfacebookとか・・・
で、ipv対応しているプロバイダならgoogleとかfacebookを高速で見ることができるんですね。
でもipv6対応サイトというのはごくわずかしかりません。
そこで登場したのがv6プラスというわけですね。
v6がipv6でプラスipv4サイトも速くするようにしたのがv6プラスという意味なんです。
簡単に言えば、ipv6サイトさんが高速道路で、ipv4サイトさんは一般道。
今までipv4サイトさんのサイトを見るのは一般道しか使えなかったけど、ipv6サイトさんの高速道路を借りるようにして速くインターネットができるようになったといえばわかりますか?

v6プラス(IPv6 IPoE +IPv6 over IPv4)

v6プラスはIPv6 IPoE +IPv6 over IPv4と言い換えられます。
ipv6 ipoeにプラスしてipv6の道を借りてipv4も使えますよという風に理解したもらったらいいかもしれません。
気になるのがipoeですよね。
実はipoeというのも実は重要で、従来はpppoeというのがほとんどでした。
pppoeというのはあるところを経由して通信するので通信速度に限界があったんですね。
でもipoeというのはあるところを経由しないのでpppoeの限界がなくなったんです。
だからipv6 pppoeというのはipv6サイトには対応しているけど、pppoeなのでそこまで速度は期待できないということ。